読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しいほどに

日記

気がつけば1ヶ月もほったらかしてた!ので、以前コンDVD*1を見て感じたふじがやくんとぶいしっくすのみやけくんについて書こうと思います。先に言っておくけどいつものように完全な空想というか妄想ですよ。

 

 

そもそもなんでいきなりみやけくんが出てきたかというと、DVDでふじがやくんのソロ曲「xlun/aSx(るなーず)」を見たら燕尾服+ウエディングドレスというぶっとんだ衣装(褒めてる)で登場したところからはじまった。それを見た瞬間、みやけくんもコンサート*2でそんなジャケット着てましたよね!!って、自分でも未だに謎だけど何かが反応したwそれまでもるなーずは何度も聞いていたけど歌詞をちゃんと読んでなかったしこれは絶対私が好きな何かがある!!ってよくわからない自信?と好奇心を引っさげて歌詞を読んだわけです。

るなーずの歌詞は本人が書いていて、ぱっと見ただのヤンデレちっくな恋愛ソングなんだけど、自分(とファン)にあてはめてるのかなって思える節がいくつかある。そう解釈するとみやけくんのソロ曲*3と同じじゃない!ほら!!ついでに衣装も似たようなの着てるし!!前からうっすら感じていたけど、この二人内面がちょっと似てるね!?みやけくんをみているとふじがやくんぽいなーと思ったり、ふじがやくんをみているとみやくんぽいなーと思うことが多かったんだよね・・こわいから知らないふりしてたけどついに認めてしまいました。ただ、ちょっと似ているけどやっぱり違うなーとも改めて思いました。みやけくんにるなーずは合わないしふじがやくんにア・イ・ド・ルは合わない。それぞれにしか歌えない曲だなって思う。

みやけくんは自身のラジオ等でよく本心なのか嘘なのかわからない話し方をします。全部嘘だと言ってみたり、本当だと言ってみたり、かと思えば本当っていうのは嘘だとか・・。しまいにはバラエティ*4で「だいたいテレビに出てる人なんてみんな虚像なんだから」とか言っちゃう始末。もうわけがわからないよ!!あと人の懐に入っていくのはすごい上手だけど、近づいたと見せかけて実は自分のテリトリーには相手を絶対入れない感じ。ふじがやくんもわりと飄々としていて、その場をうまくやり過ごしているイメージがあります。結局自分のことは隠しているというか、わざわざ出さないというか。そうは言ってもオタクは彼らがアイドルというお仕事をしている姿しかみていないわけで、本当のことはわからない。やっぱり虚像*5だねみやけくん・・。もともと本当の姿じゃなくて“アイドル”である彼らを好きになったはずなのに、いつのまにか時々見え隠れする素っぽい(と思われる)姿を必死になって見つけてはあれこれ考えて勝手に喜んだり悲しんだりして、掌の上でコロコロ転がされて愉しんでる。おかしいな?

私は前にここで “ふじがやくんは、きすまいふっとつーのかっこいい枠を務めるために何かとかっこつけてるんだけど、かっこつけきれてないところが最高にかわいいです” と書いたことがあります。彼はグループがより良くなるために自分がどうしたらいいかと考えた結果(または大人の事情で)いまのキャラになっていると思ってます。それはみやけくんも同じで、彼は少プレ*6に出たときにメンバーのことを聞かれたあと自分のことをどう思うかと聞かれて「意外に1番V6が好きなひとかもしれないです」と答えました。グループのことを人一倍考えて、それを最優先に自分の立ち位置を決めているんだろうなって。あとちょっと話がずれるけど、ふたりとも美意識が高いというか女に厳しいところがありますよね。女(≒ファン)に求めるものが結構ヘビーな気がします。でもその分、逆にどうすればファンが喜んでくれるかということをすごく考えているし、きちんと伝えようとしてくれているなぁとも思う。それらを踏まえてるなーずの歌詞を噛み砕いていくと、自分の気持ちに正直でいたいだの嘘をついただの過去も受け止めてほしいだの・・あぁこの子も虚像とリアルその狭間で俺生きていくのかと、おばばは涙がちょちょぎれてくるわけです。

でもそんなアイドルな彼らが大好きだからしょうがない!まとまってないけどおわり

 

*1:SNOW DOMEの約束 IN TOKYO DOME 2013.11.16

*2:V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!

*3:『"悲しいほどに ア・イ・ド・ル" ~ガラスの靴~』

*4:アウト×デラックスSP 2013年7月4日放送

*5:アイドルの語源「idol」の本来の意味は偶像

*6:2008年5月18日放送