炎立つメモ

見てきた。まだ1回しか見ていなけどとりあえずメモ代わり。
 
とにかく、言いたいのは、イエヒラにみやけくんを選んでくれた人ありがとう!!ってこと。かなりおいしい役ですね??ドラマでもなんでも、悪者ってわりとおいしいことが多いけどこれもそう。先に観ていた友だちが「金狼だ!」って言ってたのと、WS等で見ていたのもあって期待していたけどこれは良い!イエヒラさまばんざい\(^o^)/
イエヒラのシーンで特に好きだったのが、最期のところ。迎えにきたお母さんへ向ける表情が!!あかんやつ!!!けんくんのああいうなんともいえない笑顔を見るとうわあああってなるんだよおお。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

あとアラハバキとのやりとりで、化け物になるところ。急に側転するからびっくりしたけどみやけくんの身体能力の高さが垣間見れる。くるくる跳び回る姿はさすがだなぁ。

その他気になるところ
・カサラ(新妻さん)の歌声にも圧倒される。シルスプでしかみたことないけど、比べ物にならないくらい本当に素晴らしくて歌声だけで鳥肌立ったし泣きそうになった。
・舞台装置や照明が奥行きを使っていておもしろい
・赤い布の違い
・生演奏

 

でも、好きな舞台かと聞かれると、んー・・・

なんだか緩急がなくて、結局どこが1番の見せ場なのかよくわからなかった。そういうものじゃないのかもしれないけど、ダラダラとして長く感じる。何をみるときでもそうだけど、原作があるものはできるだけまっさらな状態で見たいので、今回も原作は読んでない。大河も見てなかったし、歴史にも疎いから理解できなかったのかな・・ただのアホかな・・・何より1番だれたのがコレ

 あの台詞いらないよー!!番宣かWSかで、東北のみなさんへ・・みたいなことを言ってたからわざとあの単語を使ったのだろうけど、あれのせいでものすごく冷めてしまった。もうちょっと他に言い方なかったのかなぁ?すっかり集中力が削がれてそのあとのキヨヒラとアラハバキのやり取り全然頭に入ってこなかった( ;∀; )
あとは台詞で説明をたくさんするので、しっかり聞いてないとちんぷんかんぷんだし、1回じゃちょっとよくわからないなぁってのが正直なところ。次観劇するまで少し日が空くから、もう少し人間関係を整理して観にいこうと思う。
 
とりあえずわたしは最期の表情を見るためだけに下手に張り付いていたいです。